2019年7月7日日曜日

自然の恵みを味わいます


職場でとりまとめた新鮮トウモロコシが届きました
うちの大鍋2個でもゆできれません(>_<)
う・ま・そー
そして山形から今年も宝石が届きました
紅秀峰は大きい!

週末お出かけが続いたので
7日はおうち仕事

たくさんキュウリをいただいたのでシロップに
テレビで作り方を紹介してました
アニスシード、ディル、フェンネル、コリアンダー、ジャスミンそしてライム
と、砂糖でことこと煮ます

ナスもいただいたので今シーズン初の「だし」を刻みました
大きなナスは焼きナスにしてオリーブオイルに漬けました
玉ねぎの甘酢漬け
血圧を安定させる食品はいろいろありますが
玉ねぎ、ネギ類をたくさん執るために甘酢漬けを作ります
一晩でできるし、新玉ねぎだと本当に美味しい

キュウリシロップはの味は・・・
キュウリが多かったかなー、ライムをもう一個使えばよかったかな
ブラックペッパーやトウガラシを加えてもよかったと思ったけれど
それは・・・ジンジャーエールと同じ味を求めてたかな(^^;

今年もヤモリちゃん こんばんは!

・・・・・

久しぶりに図書館で借りた本は・・・漫画ばっかり(^_^;
でもね・でもね!
英文学の古典ホメロスの『イリアス』にちなんだ話だし
安彦良和さんの『ジャンヌ』はちょうど
テレビでミラ・ジョボビッチの映画を見たからなんですが
もともと、安彦さんといえば「ガンダム」ですが彼も神話ものはよく描いてました
『突然ノックの音が』はテレビのドキュメンタリー番組で紹介されていた
イスラエルの作家さんのもの
そして今更の『毎日かあさん』これ・泣けるわー


お出かけが続きました






 6月29日は豊橋へ
大豊商店街マルシェ
というより梅雨時の雨の日レトロ市場とでも言いたいような・・・

いつもの天秤堂さんでブランチがわりにあんこたっぷりの蒸しパンを
昭和レトロな雰囲気の商店街で
お店も駄菓子の問屋さん、古物商、砂糖問屋、はちみつ屋さん
などの間におっしゃれーな雑貨屋さんがあったり素敵な中国茶屋さんがあったり(^.^)

新城のお茶を買ってみました
花火やさんで大江戸牡丹を買ったら、比べてみ、といただきました
こちらは、スペルト小麦で作ったマフィンと中国茶
スペルト小麦は古代種で小麦アレルギーにはならない品種です
強力粉なので、お菓子に使うには技術がいるそうです
トマト味もヨモギ味もおいしかったー
豊橋には何度も行ってるけど、食べたことがなかったので
麻の靴下・履き心地が抜群でした

翌30日は名古屋で塗香と蒔絵のワークショップ
会場はほんの小さな枯山水があったり、盆栽があったりという
こりに凝ったしつらえの古民家


塗香は香木(白檀など)の粉をベースに違う種類の香りを少しずつ混ぜて作ります
すべての種類の香りをかいで、最初から分量を決めて混ぜてみましたが
なかなか好みよりはちょっととんがった香りになりました
1週間過ぎて、少し落ち着いたんですが、すごく一本気な印象な香りです

塗香はあまり知られていませんが、お寺さんによっては、本堂に入るときの
お清めに手のひらに受けたりします

さて、今度は塗香の携帯用の器に蒔絵を施します
愛知県唯一の蒔絵師の長﨑さん
「波に千鳥」というリクエストに応じてくださって
黒いタイルで練習です
カシューオイルで朱の顔料を溶いて、テレピン油で伸ばした塗料を使います
さすがに本漆でみんなでかぶれるわけにはいかないので・・・(^_^;

描き終わって乾燥中
極微細な金粉を綿に付けて
器をなでると
この通り!

7月6日は一宮へ
繊維会館で糸と刺繍ブローチの視察
帰りは常滑経由
寝過ごして空港まで行っちゃったのは内緒(^^;
久しぶりにMADOYAMAさんのタンドーリチキン
アンティコさんでインドのリボンに夢中になったけど
もうすぐベルギーからもリボンが届くということで
来週のお愉しみに(^.^)


2019年6月23日日曜日

水無月いろいろ(ほんとに水無月なんだけど)


気が付いたら3週間放置!

日々特別なこともないけれど
それが幸せでしょ(^^;

「ちんゆいそだてぐさ」で手に入れたトロッピカル窯の藤田君の茶香炉
火を入れて宇治煎茶を焚いてみたら
5分ほどでよい香りが部屋中に!
その香りの中で久しぶりのお食事会
ビキニの美女ネズミたちが・・・・・

畑の収穫は移り変わっていきます
ルコラは花芽が上がることなく最後の収穫
赤大根はやはり生で食べるのが一番おいしい
これは塩麹で浅漬け
そして紅白の大根もおしまい
ロシアンケールは初収穫
ケールはいままで食べたことがないけれど
最初はシンプルに塩とオリーブオイルでソテー
葉先は生でもいけそう
ザワークラウトにしても大丈夫そう
さすがにキャベツの仲間なので青虫は寄ります
それ以上の繁殖力があるので次々と若い葉を収穫できます
夏の定番になるかなー

お天気のよい仕事帰りに乗りたくなって河和から矢梨・豊浜へ
豊浜で惹かれてつい小玉スイカを購入(^_^;
リュックに負荷かけて帰ってきましたよー
一緒に買った梅1kgはシロップに

玄関先のひまわりも満開になりました
もう天花が枯れ始めて次々と枝から小さな花が咲いています
ひまわりの後は考えてなかったけど、どうしようかなー

常滑で買った素焼きの野菜ボックスを使っていますが
木の蓋の隙間からお手手が出てきたぞ~
と思ったらナガイモでした
植えませんよ^^;

6月ならネジバナまだかなーと、仕事帰りにちょっと足を延ばして探しました
これからみたいですね

そして22(土)は夏至
さやかさんの夏至の朝お寺でヨガして朝ごはん食べましょうイベントに参加
夜は全然寝付けずほとんど寝てない状態で4時起床
あいにく曇り空で布土小学校に上がっても朝日は見えず
でも早朝の小鳥のさえずりが素晴らしかった
安養寺の本堂でゆったりとヨガ
そしたら結構本格的に雨が降ってきて焦りましたが・・・
朝食は薬膳ご飯
旬の野菜をふんだんに使った彩り豊かな優しいごはんでした
晴れて少し路面が乾くのを待って帰途
道路をカニが横切ってると思ったらどうも様子が違う
・・・ザリガニでしたー
いっちょ前に威嚇してくるかわいいやつ

23(日)は久しぶりの半田赤レンガマルシェ
ショーコちゃんとの会話は本当に楽しい
撤収後、コストコで本当に久しぶりの買い物
一年ぶりくらいかしら・・・つい・・・つい
いろいろ買っちゃうのねー
しばらくは果物もいろいろ楽しめますわー


2019年6月2日日曜日

フーケ作りは楽しいけど難しいなー


久しぶりのウェディング仕事
週初めに発注した花が土曜日に届く
包装状態は結構よいのです
花の状態も結構よいのです
水揚げをして数時間放置
届いた箱などを使って、完成品を入れる箱を最初に作ります
今回はキャスケードブーケを横たえるので、先の箱をちょいと工作
さらに、花婿用のブートニアと色ドレス用の花パーツを入れる箱を用意

そして使う花の顔を見ながら短くカットして吸水
ひたすら吸水
先月名古屋の資材やさんでフローラテープとワイヤー、リボンなどを買いましたが
フローラテープの品質が悪くてとても使えない
ということが、当日わかるという・・・>_<
で、手持ちのガーターテープを使用
15年ほど前に買ったはずのものですがまったく変質なく、安心安心
アイビー、利休草、バラ、カラー、ティーツリー、ホワイトスター
を必要な長さのワイヤーをつけて加工
水は少量の化粧コットンを巻き付けて水を含ませてあります
組み立て
花婿用のブートニア
赤ドレス用の髪飾りとともに箱入り
プロとして作っていたとはいえ、ブーケはホント
心配・・・
昼の披露宴なのでそろそろ終わってるのかな
無事に花嫁を、さらにさらに幸せに輝かせてくれますように

そして我が家は花盛り~~~🌸


2019年5月22日水曜日

ちんゆいそだてぐさ





実に3年ぶりの大和郡山、「ちんゆいそだてぐさ」へ
仕事だったり法事だったりでなかなか奈良まで行けずにいましたが
今年は天秤堂のショーコちゃんが出店することもあって出かけました

風の強い曇り空ですが、雨ではないので平気
小さな駅を降りて、さてどっちだっけなーと地図とにらめっこ
記憶がよみがえってきます
3年ぶりの金魚たちも元気だけどちょっと色あせた??
まずは知った顔をさがします
豊浜か京都に移り住んだ藤田君とのりちゃんのトロッピカル窯は
ワークショップエリア
わーーーっとおしゃべりして
唯一持参した彼の代表作の茶香炉を購入
上のお皿にお茶っ葉を載せて中でろうそくを灯します
会場にはワークショップ用の道具とのりちゃんのでんでんねこがたくさん
藤田君の端正かつ大胆な器が好きなので
今年は必ず南山城村に行くぞ!

お向かいのブースは瓢箪ランプの体験
かわいい瓢箪に小さなドリルで丁寧に穴をあけていきます
満員だったし、ドリル付きだというのでお持ち帰り
その晩さっそくキコキコと穴をあけてみました
竹灯篭の孟宗竹と違って瓢箪は薄くて繊細
きれいな丸にはなかなか抜けませんがそれでも
かわいくできました
作家さんは瓢箪の栽培からなさっているそうで作品にするまでの準備が大変
でも灯り、楽器数種類、そしてスピーカーといろいろ作ってらっしゃる
私が好んで聞く音楽はひそやかなボリュームでいいと思っていたので
ついに購入・楽しんでます
全体をのんびり見て回ります
3年前も見た作家さん
素敵なものばかりで目移りします
でも、残った写真を見ると、3年前は作品をたくさん撮っているのに
今年は全然撮ってない
買ってきたものはシンプルなものと食べ物と素材
結局、思い出になるのって、ものじゃなくてその時の気持ちだから
穏やかにしあわせと感じられるものばかり選んできたのかな

ま・時には健康も
台湾の雑穀と豆の粉茶

遠く愛知からの出店だというのに、天秤堂さんのブースはお城の一番奥でした
よ!っと顔を見せた後また会場をふらりふらり
藤田君推薦の雉祥さんのお弁当を購入
鶏そぼろはあらびきの鶏とタケノコと人参も入っていて
食べ応えアリ・でも写真ナシ^^;
お持ち帰りの鶏おこわは夕ご飯にいただきました

天秤堂のお隣はフルーツケーキのお店
お父さんが楽しそうになんでも話してくれます
ピールを仕込む話、季節に応じたフルーツケーキの話
私にとってフルーツケーキは17歳のオーストラリア生活の思い出の一つなので
当然買いです
大阪のBean-to-barショコラティエから仕入れているカカオニブを使っているそうで
激うま!!
私の数少ないお取り寄せリストに入りますよ

そしてもう一つが藍染めの綿糸
つやっつやの美しい糸で何を作りましょう

明るいうちに帰ってきましたが
往復7時間の電車はちょっと疲れるなー
ほとんど寝てはいましたが(^^;