2017年7月17日月曜日

暑い日はカレーに限る


梅雨らしい雨もなく
あ・県北では豪雨もあったようですが、半島は乾いています
毎日大汗かいています

こんな夏の雲がどんどんみられるようになりました



畑は雨の前に半分取り損ねた雑草がどんどん伸びて
トマトを埋め尽くす勢いだったので
気合をいれて抜きました

タカノツメ
気が付いたら足元に
スズメ蛾のイモイモ

中玉トマトが色づいていました
雑草の山
全景




恋路はじゃましたる



こちらは調理用トマト



春にまるいちさんで整備してもらったバイク

ハブのパーツが実は一部かけているんだけど
差し障りはないそうなので(^_^;

クリンチャーのホイールは履きつぶすことにしたの

と・思っていたら先日パンク

フロントがコンチネンタルのタイヤで感触硬め
リアがブリジストンのタイヤで柔らかめ
パンクしたのはブリジストン
タイヤもよく見ると細かく穴があったので
全部で3か所ほど布ガムテープで補強
 
今回の修理で手持ちのチューブがなくなってしまった



職場の近くにスポーツオーソリティがあるので
コンチのタイヤとチューブとクリートもほしいなぁと思って
仕事帰りに寄ってみたら
あったのはクリートのみ
いや・・・あったんだけど
専門店じゃないので様々なタイプのバイク用品が並んでいて
どれを買えばいいのか決断できなかった、というのが正解(^_^;

結局
アマゾンにお願いするしかないんだなぁ・・・

初めてヨーロッパに行ったとき、アムステルダムからチューリッヒの飛行機はKLM
そして、上空は嵐
大揺れの機内で非常に心強かったのは、KLMのどすこいCAさんたち
イレギュラーになかなか対応できない日本人CAとは全然違う安定感(^^;

ドイツのコンチのタイヤの宣伝は(今は違うかもですが)
その時のCAさん同様、ドイツのどすこいおばちゃんたちが
「あたしたちが作ってんのよ!なんか文句ある!?」
とでも言いそうな迫力の写真で
好きなのだ(タイヤの性能ではないんかい!!)

またパンクするようなら、リアもコンチに替えます



昨日の夜は近所のコバレレコーヒーさんでカレーサミットがありました
亀崎のカメキチさんの「蝦蛄カレー」と
ガチャさんの「手羽味噌カレー」と
野間のレインボーアートさんの「チキンキーマカレー」に
野菜の素揚げやピクルスもりもり贅沢なトッピングの
3種盛り

夏はカレーですなぁ

集まった仲間たちと話は盛り上がるし
楽しい夜でございました(*^.^*)




そして今日の昼は常滑のMADOYAMAさんのタンドリーチキンプレート
夜はお手製の夏野菜カレー
玉ねぎ
ピーマン
ズッキーニ
ナス
カボチャ
トマト
ゴーヤー
合挽肉
に豆乳入れて

今日の午前中は灼熱の焼き物散歩道での仕事でしたので
カレー2食でデトックス(^^)v
冷房おこもり仕事よりはるかに体調がいいという・・・


2017年7月8日土曜日

ネコづくし


先月、猫の世話を頼まれたコバレレさん
その後も行くたびに2階のネコ(BT=白黒、金ちゃん=灰縞)にごあいさつ
BTは私を気に入ってくれたのか
脇の下にぐりぐりと潜ってきます(≧▽≦)

この涼しげなまなざしがたまりません^^


金ちゃんはそれほどアグレッシブではありませんが甘えてくれます




算数好きです
数独大好きですが、前回買った本は猛烈に難しくて全体の2割もできなかったです
制限時間70分とかありえないですよ

今回のは制限時間が5~30分なので程よく取り組めるかな
でも、「5分」の問題で間違えると凹みます(>_<)

円周率の本は著者は美浜町在住
中学の課題図書に指定されています



七夕の前日に近所の竹林から笹の葉をチョッキン
折り紙を切ってみました
シンプルですが、七夕らしいですね(^^)



友だちのトシカちゃんに誘われてビワ狩りに(^^)
もうそろそろビワの季節はおわります
袋かけをしていないワイルドな実なので、皮をむいてコンポートにしてみました
ビワって東北では特に食べないのでまだおいしさがわかってないかもです
コンポートにすると酸味が少し立ってみんな同じ味になってしまいますが
食べやすくはなりますね



果物続きます
山形から今年も届きました
美しい紅秀峰
美味しくいただきます(^^)



ネコ刺繍の本が届きました
『ネコシャツ』本に続いて刺繍のステップを細かく写真解説したネコ刺繍本です

今回の刺繍本は海外向けに作られていて英語版です
自費出版なので日本の書店には流通しません
なんというか、今後のヒロコさんの活躍に注目です(^^)


 
仕事について愚痴りたい気持ちをおさめて
大好きなネコでまとめました(=^・^=)


2017年7月2日日曜日

お暑うございます


さらっと7月になってしまいました
地震があったり、あちこちでゲリラ豪雨があっても
半島は相変わらずの少雨
汗だくの毎日でございます

平日の仕事と休日の仕事と予想外に忙しくなってきて
ブログに書くほどの出来事もないけれど
気が付いたら一週間以上経っているのですね~

あ・そうそう
嬉しかったこと:
2年前の5月に西尾の山で派手に一人落車して以来
多分左の鎖骨あたりを痛めたのだと思いますが
左腕が上がらくなってました
1年も経てば、それは、「こういうふうに上げたら痛みが走る」
という気持ちだけで体はもう直っている状態
それでも無理はせず、ときどきプールで確認するを繰り返していました

先日久しぶりにプールに入ったら
意外に左肩が軽かったので
封印していた背泳ぎをしてみたら
できました(^o^)/
背泳ぎのストロークの負荷がつらかったものが
全く感じず以前の通りに泳げました
嬉し~~~~~

嬉しかったこと2:
実家の兄がおじいちゃんになりました(*^.^*)
私たちは生まれたときには祖父母が全員亡くなっていたので
母に孫ができ、ひ孫ができるなんて
単純に嬉しいです



今年の畑は
珍しく夏の大根
いんげん
水ナス
唐辛子(鷹の爪、ハバネロ)
トマト(中玉、調理用)
オクラ
ズッキーニ
きゅうり

で、ただいまいんげん最盛期
時々オクラとナスやキュウリを収穫します
トマトはもう少し



夏には炭酸水で割るシロップをいろいろ作りますが
まずはジンジャーエールのもと
美浜の完熟レモンと高知の新ショウガ

やさしい味に仕上がりました(^^)
 


豆絞りの手ぬぐい
何をわざわざとお思いでしょうが
これはプリントではなく本当に有松で豆絞り染めされた手ぬぐいです(^^)



半日嵐が吹き荒れた翌日の朝
ドアを開けたら
・・・おはようございます
いや・あの・出勤できないんですけど・・・
と、話しかけていたらお帰りになりました
とりあえず下の花壇に・・・(^^;



近所のコバレレコーヒーさんの自家製イチゴシロップのかき氷
絶品です(*^.^*)



職場のみんなで注文した南知多のトウモロコシが届きました
うみゃ~



ふと気が付いたら近所の歩道の草むらにネジバナが咲いていました
ネジバナは雑草のように見えて蘭です
蘭は寄生植物だったり着生植物だったりしますが
このネジバナは特に単独栽培が難しいと言われています
山野草の鉢では丈の短い芝草と一緒に植えられていることが多いです



先日久しぶりに上前津の第2アメ横ビルに行ったら入口に古書店ができていました
高校生の頃から買っていた雑誌があったので思わず購入
現在は廃刊になり、私も手放してしまったのでした
「第58号」が私が18歳で最初に買った号です



常滑のMADOYAMAさんのスープランチ
サラダとパンとスープは軽すぎるかなと思うけれど
デザート付きなので
大変おいしゅうございました(^^)



常滑の短いサイクリングコースを常に探していますが
三角うどんさんの前の道を通ってみたら
すばらしく大きな歴史のある山門のお寺さんがありました
でも、来歴を示すサイトはほとんどありませんでした
近隣には義朝や信長の時代からのお寺さんもあります
単純に建物を鑑賞するだけでもいいのかもしれません

2017年6月21日水曜日

ライブを見たり、猫と遊んだり


写真がないとブログの体裁が整わないけど
ないものはない:-D

18日はかねてから行きたかった京都のバンド「ザッハトルテ」さんのライブ
お仕事休みを頂いて、常滑本町の「みんなの縁側」へ

すぐに分類したがるのは日本人の癖だけど
でも
チェロ、ギター、アコーディオンのトリオ
と説明するだけでは絶対言葉が足りない
アコーディオンの響きから、アルゼンチンタンゴ系かなと思うけど
どちらかというと、フランス風
でもアコーディオンは頑強なドイツ製

私が20年ほど前に少しだけ住んでいたドイツのトロシンゲンという町は
ホーナーの本社のある町でした(音楽大学もありました)
ホーナーといえば、アコーディオンとハーモニカの会社です
スティービー・ワンダー愛用のハーモニカもホーナーです
閑話休題

ギターさんは、お笑い芸人かと思うような素っ頓狂な高音で話します
まるで関西の芸人さんです
そして手品もします
みなさん体も張ります(^^;

50人ほどのお客さんの女性率は9割以上でしたが
その笑いのツボを鷲掴み
終始笑い声の絶えない2時間でした(^^)



その懇親会を蹴ってまで会いたかったのは

コバレレコーヒーさんちのネコ
金ちゃんとBT

一家でコバさんの実家である島根に早めの夏休みに行っている間の世話をひき受けました
ほぼ毎日明るいうちに行って
思う存分甘えさせて、ぐりぐりうりうりわしゃわしゃし放題
おちついたかな、という頃にトイレ掃除と水、エサの世話
至福の時間でございました(@^-^@)



今日は「傘が役に立たない暴風雨」との予報でしたが
午前中で上がりました
それにしても豊浜では被害があった様子です

これは悲しいです・・・
祭りまであとひと月ほどですが
無事にこの雄姿が見たいです

 

2017年6月12日月曜日

レース日和でしたね


セントレアIRONMANの選手サポートと写真撮影のため5時起き(>_<)
新舞子へ
トップ選手がスタートするのは0730だけど
一般選手はその後0930まで15分おきの年齢別時差スタート

古見の駅から裏産業道路に入る道で撮影開始
特にバイクのフォームをきっちり横から撮影してほしい
という要望があって、ずっしりごついカメラを渡されたの
これが大きくて重い(>_<)

0800近くになってトップ選手がモトの先導でやってきました

美しいでしょう(^^)
ここで友人たちを何度か確認できるまで撮影してました

フォームは面白いです
理にかなった正しい美しいフォームなら必ず速い・わけではないですが
トップ選手は美しくて速いです

トップから2時間差スタートの組までしばらく撮影して
軽くお昼を食べてりんくうマリーナに移動したら
すでにトップはゴールしていました・・・(>_<)
RUNの写真撮れず



実は、前日ペダルハウスで仕事していたら電話が入りまして
IRONMANの海外選手が、バイクが届かないので借りて出場したい、と
通訳ボランティアさんとやってきたのは中国人のサイモンさん
ロードを選び、ドリンクホルダーを二つにして
ペダルはフラットのまま

新舞子まで私が先導して連れて行き無事にバイクチェックインできました
その後も回収をどうするかでいろいろありましたが
最終的に松村さんにもお世話になりました

サイモンさん 完走したものと思っていましたが
DNFだったようです
バイクは走り切ったみたいです

初めての、家族をつれた日本滞在で
バイクが届かないというトラブルでしたが
レンタルバイクで走ることができてよかった(^^)




セントレアという国際空港の目の前で行われるレース
そのメリットが出てきたなぁと実感しました
一方で、こんなこともあったそうです

IRONMANというのは長距離トライアスロンの一大ブランドで
世界中でレースが行われて
そこから権利を得た選手がハワイのコナで行われる世界選手権に出場できます
それがロングトライアスロンをする人たちの憧れです
で、その半分の距離で行われるIRONMAN70.3
(半分とはいえ、オリンピックの距離の倍です)
こちらも同じ仕組みで開催されて、世界選手権は毎年場所を変えて開催されます
今年はアメリカのテネシーと聞きました
今回の大会でもその権利を得た人たちが発表されましたが
日本人の多くが辞退したそうです
やっぱり、皆さんハワイの大会に行きたいんですよね
代表権を得るレベルの選手たちはロングも走れる方たちだから



私は今回はバイク移動より立って写真撮影の時間が長かったので
スネが日焼けしました(^^;



プチ打ち上げで
トニックウォーター+グレープフルーツジュースに
ブルーベリー、ラズベリー、小粒のぶどうとミントがトッピングされたのが
かわいくて美味しかった(^^)
トニックウォーター常備しようかな(^^)


2017年6月9日金曜日

そして・東京へ


九州旅行の疲れもとれないまま
日曜日の仕事のあと
東京へ

J-waveエリアに入ってラジオから流れてきたのがコレ
あまりにPOPなメロディーに耳を疑う歌詞!
これをオカズにしばらく議論が・・・(^^;

折しも、雑誌アエラの冒頭でピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズの新作
IS THIS THE LIFE WE REALLY WANT?
が取り上げられていまして
   ”音楽、特にポピュラー・ミュージックは、良くないことに抗議するまっとうな手段であり、
   ミュージシャンは声を上げる権利を持つ、と。いや、権利どころか義務だとさえ言える”
そう言って作品に現政権に対する批判を込めたわけです

・・・・・

月曜日はかねてより連絡を取っていた
有職造花師の大木素十氏の作品を見せていただきました
有職造花についてはこちら

まず見せていただいたのは平薬
源氏物語にも季節のご挨拶代わりに薬玉を贈るというエピソードがありますが
その平なもの、という意味の平薬(ひらくす)です
 


和紙で裏打ちした絹を岩絵の具で染めて作ります
茎などは西陣の糸で巻いています

写実よりも和のデザインなのであえてベタな色を使っている部分もあります

大木さんは造花だけではなく、鳥の木彫などの工作もなさいます

そして次に見せていただいたのは人形の細工もの




この大垂髪(おすべらかし)もこのような本式で作る人はほとんどいないそうです

これが現代のお雛様によくある髪型
ちょっと悲しい・・・

こちらはなりひら君

この髪も冠も手に持つ和とじの本もすべて手作りです
なんと色っぽいことよ

こちらは天皇の即位の礼で正装した際に
妃が持つ檜扇のミニチュアレプリカ
技術的には同じことができるかもしれません
でも
素材やその調達もとの京都との太いパイプ
材料や作る物に対する深い理解
その立ち位置や心構えに、ものすご~い孤高の仕事だなぁと感じました

この作品保管のマンションの住人(^^)



・・・・・

火曜日の夕方はこちら(^^)

初めて入りました、武道館!

STINGのライブでございました
生で見る機会があろうとは・・・POLICEの名曲を聴くことがあろうとは



九州のお料理を肴に夜は更けるのでした